CREATE LOGICAL MANEGEMENT

長年の経験と実績による膨大なノウハウと高い技術力。
私たちはIOTソリューション によって人を支え、暮らしを支え、 豊かな未来への寄与を目標としています。

人がモノが行き交う様々な場所でIOT技術が活用されています

物流を変える世界を変える!

未来形「スマートロジスティック」生産性の向上、環境問題、労務、そして安全性を高め物流の未来を切り開いていきます。

屋内測位計測

「倉庫見える化」実証フェーズ

物流企業様向け屋内位置測位システムのご提案。

業務効率化

様々なセンサーと機器の制御を組み合わせたり、IoT機器からの情報をビジネスに活用することで、様々な業務の効率化を実現します。

データ分析

センサーやIoT機器の情報と企業が持っている様々な情報を組み合わせて分析することで、ビジネスの未来を予測し適切な企業活動を支援します。

共同プロジェクト

  • 産業技術研究所のご紹介
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所は、我が国最大級の公的研究機関として日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化に繋げるための「橋渡し」機能に注力しています。

    そのための体制として産総研のコア技術を束ね、その総合力を発揮する「5領域2総合センター」があり、全国11か所の研究拠点で約2300名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略等に基づき、ナショナルイノベーションシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。

    また世界各国の主要研究機関と包括研究協力覚書(MOU)を締結するなど、積極的にグローバルネットワークも構築しています。

    「持続可能な社会の構築」への取り組みわたしたちは、7つの研究領域という多様性を総合的に活かし、世界に先駆けた社会課題の解決に向けて、産業界や社会、国との連携を深め、社会的・経済的価値につながるイノベーションの創出を目指します。
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所は、我が国最大級の公的研究機関として日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化に繋げるための「橋渡し」機能に注力しています。

    そのための体制として産総研のコア技術を束ね、その総合力を発揮する「5領域2総合センター」があり、全国11か所の研究拠点で約2300名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略等に基づき、ナショナルイノベーションシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。

    また世界各国の主要研究機関と包括研究協力覚書(MOU)を締結するなど、積極的にグローバルネットワークも構築しています。

    「持続可能な社会の構築」への取り組みわたしたちは、7つの研究領域という多様性を総合的に活かし、世界に先駆けた社会課題の解決に向けて、産業界や社会、国との連携を深め、社会的・経済的価値につながるイノベーションの創出を目指します。
  • 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム
  • 目的と概要

     我が国が直面する、経済・社会の構造が日々大きく変化する「大変革時代」において、新たな未来を切り拓き、国内外の諸課題を解決していくため、科学技術イノベーションの強力な推進が求められています。

     JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)が平成28年度から開始する「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」(以下、「本プログラム」という。)では、産業界との協力の下、大学等が知的資産を総動員し、新たな基幹産業の育成に向けた「技術・システム革新シナリオ」の作成と、それに基づく学問的挑戦性と産業的革新性を併せ持つ非競争領域での研究開発を通して、基礎研究や人材育成における産学パートナーシップを拡大し、我が国のオープンイノベーションを加速することを目指します。

     本プログラムは、新たな基幹産業の育成の核となる革新的技術の創出を目指すとともに、新たな基幹産業の育成が図れる持続的な研究環境・研究体制・人材育成システムを持つプラットフォームを形成することを目的とします。

  • 目的と概要

     我が国が直面する、経済・社会の構造が日々大きく変化する「大変革時代」において、新たな未来を切り拓き、国内外の諸課題を解決していくため、科学技術イノベーションの強力な推進が求められています。

     JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)が平成28年度から開始する「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」(以下、「本プログラム」という。)では、産業界との協力の下、大学等が知的資産を総動員し、新たな基幹産業の育成に向けた「技術・システム革新シナリオ」の作成と、それに基づく学問的挑戦性と産業的革新性を併せ持つ非競争領域での研究開発を通して、基礎研究や人材育成における産学パートナーシップを拡大し、我が国のオープンイノベーションを加速することを目指します。

     本プログラムは、新たな基幹産業の育成の核となる革新的技術の創出を目指すとともに、新たな基幹産業の育成が図れる持続的な研究環境・研究体制・人材育成システムを持つプラットフォームを形成することを目的とします。

2020年度スポンサー

  • IPIN 2020の公式スポンサー事業
  • 概観
    xDR Challenge in Manufacturing 2020(以下、xDR Challenge 2020)は、「PDR / xDR Challengeシリーズ」の続編として開催されます。

    競争は実際の産業分野で測定されたセンサーデータを共有することによるオフサイト追跡競争です。コンテストの目的は、現実的な産業シナリオに利用できるxDRアルゴリズムを開発することを研究者に奨励することです。xDRチャレンジ2020は、PDRベンチマーク標準化委員会によってホストされます。

    昨年の競争の対象となる産業分野は、レストランの食品製造と工場です。
    今年は、競争の対象分野として製造現場に焦点を当てます。従業員の業務を客観的に分析し、データ駆動型サービスエンジニアリングによって業務を改善できます。

    xDRチャレンジ2018と同様に、フォークリフトが競争対象として追加されます。
    フォークリフトの動きは、車両の推測航法によって追跡されることになっています。
    動いているオブジェクト(従業員、フォークリフト)の動きは、客観的な分析のための非常に重要な入力になり、作業の効率と品質を向上させます。
    これらのシナリオでは、xDRチャレンジ2020で競争の2つのカテゴリを準備します

    ターゲット工場で働く従業員を追跡するためのPDRベースの屋内ローカリゼーション。ターゲット工場で運転されているフォークリフトを追跡するためのxDRベースの屋内定位。

    コンテストへの参加を希望する場合は、以前のコンテストのデータセットをサンプルデータとして提供できます。
    皆様のご参加をお待ちしております!

  • 概観
    xDR Challenge in Manufacturing 2020(以下、xDR Challenge 2020)は、「PDR / xDR Challengeシリーズ」の続編として開催されます。

    競争は実際の産業分野で測定されたセンサーデータを共有することによるオフサイト追跡競争です。コンテストの目的は、現実的な産業シナリオに利用できるxDRアルゴリズムを開発することを研究者に奨励することです。xDRチャレンジ2020は、PDRベンチマーク標準化委員会によってホストされます。

    昨年の競争の対象となる産業分野は、レストランの食品製造と工場です。
    今年は、競争の対象分野として製造現場に焦点を当てます。従業員の業務を客観的に分析し、データ駆動型サービスエンジニアリングによって業務を改善できます。

    xDRチャレンジ2018と同様に、フォークリフトが競争対象として追加されます。
    フォークリフトの動きは、車両の推測航法によって追跡されることになっています。
    動いているオブジェクト(従業員、フォークリフト)の動きは、客観的な分析のための非常に重要な入力になり、作業の効率と品質を向上させます。
    これらのシナリオでは、xDRチャレンジ2020で競争の2つのカテゴリを準備します

    ターゲット工場で働く従業員を追跡するためのPDRベースの屋内ローカリゼーション。ターゲット工場で運転されているフォークリフトを追跡するためのxDRベースの屋内定位。

    コンテストへの参加を希望する場合は、以前のコンテストのデータセットをサンプルデータとして提供できます。
    皆様のご参加をお待ちしております!

様々なデバイスがIOTによって繋がる未来

IOTでつながる人とモノ

例えば、Beaconによる屋内測位計測で動線をヒートマップ で見える化、分析と解析からデータ化。これにより稼働する人材、機材の無駄が削減でき生産効率を高めコスト削減に繋がり、業務の効率化に繋がります。ビックデータの蓄積でAIによる完全自動化を目指します。
屋内測位計測 
ソリューション

位置情報の正確な取得は、日進月歩で改善され所得コストも軽減しています、さらには取得方法も多岐にわたって、GPSだけでなく、Beacon,Wi-Fi,PDRなど様々なセンサーを利用した測位実験と開発を進めています。


RFIDソリューション

デジタルトランスフォーメーション。デジタル上で運営されるビジネスを実現。
RFIDタグは高額な導入コストがネックになっていたが、特許技術により低コストか実現、在庫管理から人や機材の動きまであらゆる分野で使用され、例えば屋内倉庫ではAIによる作業の完全自動化に領域は進んでいます。



RFIDソリューション

デジタルトランスフォーメーション。デジタル上で運営されるビジネスを実現。
RFIDタグは高額な導入コストがネックになっていたが、特許技術により低コストか実現、在庫管理から人や機材の動きまであらゆる分野で使用され、例えば屋内倉庫ではAIによる作業の完全自動化に領域は進んでいます。



サービス

スマート物流

物流量の増加に伴う人的リソースにかかる負担の軽減を目指す。慢性的な人材不足、労働環境の改善、CO2削減など環境問題、事業運営が抱える問題をIOTを使い生産効率を高め安心安全の物流を展開し課題解決していきます。
システムインテグレーション

PC・ソフトウェア・ネットワークを連携させることで利便性や効率性を向上させ新たなサービスを生み出しシステムを構築する。システムを定義・設計、開発・構築から運用、保守・管理までを行います。



ビックデータ

企業の持つ様々な情報を組み合わせ分析、蓄積されたデータが未来の社会を構築する。
企業や各業界が求める情報をフィードバックさせAIによる事業革命を実現します。
RFID

多様性、汎用性を高めた新たな領域へ、配置、管理の効率化を進め低コストで各業界への導入を目指しますます。
RFID

多様性、汎用性を高めた新たな領域へ、配置、管理の効率化を進め低コストで各業界への導入を目指しますます。

導入事例


「倉庫見える化」実証フェーズ
 
 屋内位置測位ソリューション




ウェアラブルセンサーをポケットに入れているだけで何をしているかが分かり、ビーコンは乾電池で動作しネットワークに繋げる必要が無いので、何処へでも設置可能。 センサーで取得したデータは、ゲートウェイに近付くと自動的に吸い上げられサーバーに格納される。 モノの測位は、フォークに移動ビーコンを取付け、至近距離で電波を受けているときはフォーク運転と判断し測位を行う







加速度・ジャイロ・気圧センサーを搭載したウェアラブルセンサーやスマートデバイスにより、人・モノの動きをセンシングすると共に、柱・棚・天井に取付けたBluetoothビーコンからの電波強度を測定し位置を推定、「いつ」「どこで」「何を」を取得、それを元にデータ分析により作業や動線を見直す事で、生産性を改善するシステム


COMPANY

CLM NEXT 株式会社とは

CLM NEXT 株式会社は、各分野の長年の経験と実績によって積み重ねられたノウハウを、スタッフ全員が共有し、最新のテクノロジーを導入することで、安全かつ効率よく事業運営をサポートしています。

働き方改革、CO2削減、デジタルトランスフォーメーション、これからの事業運営に必要な領域をIOT技術を駆使し、生産効率の高いソリューション を提供し新たな時代にあった事業領域へお客様と共に向かいます。
         企業理念
『人と人をつなぐ』『人とモノをつなぐ』
 つながる事でより良い世の中に。
「人と人をつなぐこと」、デジタルな時代だからこそ大切にしたい想いが私達 CLM NEXT の使命だと考えます。世界中に張り巡らされたインターネットやWi-Fiなどありとあらゆるインフラ、それら如何なるものも「人と人をつなぐ」ためのもの。働き方改革、CO2削減、デジタルトランスフォーメーション。今、それぞれが課題解決を必要としています。とにかく「生産」をすることに価値を見出した時代であったのに対して、これから多くの問題に対して解決、そして改善をしていかないといけない時代だと考えます。


         行動指針
実行力No1企業
感動創造企業
創造・ロジカル・マネージメント
感動分岐点を超え、お客様の想いを形に
「感謝」と「感動」を全ての人々へ

CLM NEXT株式会社の想い

  • 「想いは言葉にしないと伝わらない」今やれる事を全力でチャレンジ、今を生きる力に実行力で挑みます、「0」→「1」は結果ではなく経験。我々は実行力No1企業を目指します。
  • CREATE・LOGICAL・MANAGEMENT IOTソリューションであらゆるものをインターネットでつなぎ、便利に効率よく世の中をつなぎます。
  • お客様の想いを実現、何度も繰り返し製品開発を行うことで、お客様にとってより良いソリューションを分析し、提供し続けます。
  • 感動分岐点・・お客様の求める期待以上の結果で感動に変わる事を目標に。感動を創造し続ける企業を目指します。
  • 常に情熱を絶やさず、真摯な姿勢と広い視野でお客様に接します。
  • 「感謝」と「感動」を関わる全ての方々に感謝し感動を与え続けます。
  • 感動分岐点・・お客様の求める期待以上の結果で感動に変わる事を目標に。感動を創造し続ける企業を目指します。

会社概要

会社名 CLM NEXT 株式会社
住所 大阪市中央区東心斎橋1-8-11アルグラッドザ・タワー心斎橋3F
電話番号 06-6244-5850
代表者 二階 博司
資本金 1000万円
設立 2016年9月
E-mail info@clmnext.com
設立 2016年9月

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信